バルデナフィルの効果や詳しい作用の仕組みについて解説します

バルデナフィルについて

レビトラ、レビトラジェネリックの主成分であるバルデナフィルについて解説していきます。

正式名称はバルデナフィル塩酸塩水和物という名称で、主に男性のED治療を目的とした治療薬の成分として使われています。

しかし、ED治療薬には様々な種類の成分があり、一体何がどう違うのか、よくわかりませんよね。

ここでは、バルデナフィルにはどのような効果があり、どのような特性をもっているのか、他のED治療薬に含まれる成分との違いは何なのか、見ていきたいと思います。

PDE5(5-ホスホジエステラーゼ)阻害薬とは

EDの原因として、PDE5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素が関わってきます。この酵素は、本来であれば、行為後に勃起の必要性がなくなった時、陰茎の勃起を治める役割を果たしてくれます。

しかし、この物質が増えすぎてしまうと勃起が妨げられ、勃起すること自体ができなくなってしまったり、行為の為の十分な勃起ができなくなってしまうのです。

バルデナフィルには、このPDE5(5-ホスホジエステラーゼ)の働きを阻害する働きがあります。それにより、勃起をサポートし、また、勃起状態を持続させ、中折れなどを防ぐことができます。

また、勃起以外にも、前立腺肥大症などで排尿障害となってしまった人の治療などにも役立てられています。

バルデナフィルの効果

レビトラ、およびレビトラのジェネリック医薬品に用いられるバルデナフィルの効果として、先にも述べたように、PDE5阻害効果により勃起を助ける効果があります。バルデナフィルのPDE5阻害効果により、勃起不全の治療や、排尿障害の治療に役立てられています。

また、ED治療薬の悪いイメージとして、「無理やり勃起をさせているのでは?」「体に悪いのではないか。」「ずっと興奮した状態になってしまわないか不安。」といったことを心配される方がいます。

しかし、ED治療薬はあくまで勃起のサポートをするだけで、強制的に勃起させるわけではありません。また、服用したとしても性的刺激や興奮を覚えなければ、効果はありませんので心配はありません。

cGMP(環状グアノシン一リン酸)とは

勃起のメカニズムは、簡単にいうと、陰茎の海綿体に一気に血流が一気に流れ込むことによって圧がかかり陰茎が硬くなるという仕組みです。

男性が性的興奮を覚えると一酸化窒素が分泌され、環状グアノシン一リン酸がつくられます。この環状グアノシン一リン酸により、通常は締まっている血管を緩ませることができます。

血管のゆるみにより急激に放出された血液が陰茎の海綿体へと流れ込み、勃起を促すことができるというわけです。

環状グアノシン一リン酸がつくられなければ、血流を促すことができず、陰茎の海綿体に血液を運ぶことができないので、勃起することも難しくなります。

その為、この血管を緩めて血流を促す環状グアノシン一リン酸の役割は大きいのです。

陰茎海綿体とは

男性の陰茎は主に、「陰茎海綿体」と「尿道海綿体」の2つで形成されています。陰茎体の下、鬼頭から伸びた「尿道海綿体」、そして陰茎体の背面に「陰茎海面体」が構成されています。

陰茎海綿体は毛細血管が張り巡らされ、ほぼ血液で満たされています。主に勃起に作用しているのはこの陰茎海綿体です。

性的刺激や性的興奮を覚えることで、それが脳に伝えられ、陰茎の動脈が大きく広がり、そこに血液が一気に流れ込むことにより、陰茎を勃起させることができます。

精神的なストレスや生活習慣、または年齢など、何らかの原因により、この陰茎海綿体が広がらなくなると、勃起に十分な血液が陰茎海綿体に流れなくなってしまい、EDになってしまいます。

まとめ

今までED治療薬には、マイナスのイメージがあった方もいるでしょう。「副作用は?」「無理やり勃起させるなんてこわい。」そんな風に思っていて、ED治療薬の服用をためらってしまっていた方もいるのではないでしょうか。

確かに、ED治療薬について詳しい知識が無かったり、ED治療薬を服用したことが無い方からすると、少し抵抗があるかもしれません。特に、日本では認可されていないお薬が多く、ほとんどが海外で販売されていることや、インターネット上の副作用に関する誤った記述も、不安を煽る原因の一つです。

しかし、勃起のメカニズムや陰茎の仕組み、また、バリフの主成分がどのように作用することでED治療に役立てられているのかを知ることで、大きくイメージがかわるのではないでしょうか。